2017年03月 - ゆまっこの風

記事一覧

☆つぐない 2

【拝啓 土方様菊香る季節となりました。如何お過ごしでしょうか。先日は親切にしていただき本当にありがとうございました。その後弟様の体調はいかがでしょうか。私はその後同じような症状が何度かありました。確か、診療所から駅に向かう本願寺の辺りと鴨川にかかる三条大橋を歩いていた時だったと思います。幸いにも通りすがりの方にお声をかけていただき、直ぐに発作も収まりましたのでその後は特にかわりなく過ごしております...

続きを読む

☆つぐない 1

私たちは、どれほどの罪を犯してしまったのでしょうか。それは何度生まれ変わっても、許されないほどの罪だったのでしょうか。それなのに。私たちがもう一度、出会えた意味はあるのでしょうか。※※※※※※※※※※※※※※セイが初めて京都の地に降り立ったのは17の時だった。今まで住んでいた東京で先に始まった大戦の戦況が悪くなってきて、次々に疎開の範囲が拡がってきた頃。本来ならばセイの年齢であれば女子も勤労に出されたのであろう。...

続きを読む

祝!20周年!そしてお返事。

イエーイ!風光る20周年おめでとうございます!!今夜は宴会だーい(一人で)内容は本誌買われていない方もいるかと思いますので遠慮させていただいて...ちょっと付録自慢だけ...♪見たら買いたくなっちゃうはず\(^^)/表紙も♪永久保存版ですな(T^T)「どうしたらいいかわからない」の雑記にも拍手ポチポチありがとうございました(>_...

続きを読む

リンク先追加しました

お久しぶりのリンク先追加のお知らせです(*^^*)月葉様が運営されています「月と花」様です。いつも当ブログに素敵なコメントを送ってくださる月葉様がついに待ちに待ったブログを作ってくださいました!風光るファン歴も長く、実は二次歴も長い、という大先輩です(*^^*)まだ始められたばかりですが月葉様らしい優しくて暖かみのあるお話と可愛らしい雑記にも注目です♪今のところ小説サイト様、というくくりらしいですが絵も、絵も....

続きを読む

どうしたらいいかわからない。そしてお返事。

こんばんは!東京新撰組ツアー、たくさんの拍手ありがとうございました(*^^*)私Twitterではブログの宣伝は極力しないようにしているのですが(なんとなく別物と考えている。でもTwitterから訪れてくださる方もとっても多いので本当にいつもありがとうございます!)今回は珍しく更新情報を投稿したらBさんとCさんが続けて宣伝してくれたお陰できっと初めてここに訪れてくださった方も多いのではないでしょうか。。ありがとうございま...

続きを読む

東京新撰組ツアー!!

念願の!東京新撰組ツアー行って来ました(*^^*)ちょっと最高すぎて...とても長いのですがお時間ありましたらぜひ読んでくださると嬉しいです♪※※※※※※※※※※※※※※※※※※「選ばれし、オタクたち」そう。事件はここから始まった...(語り)『板橋集合11時ね!』そう。約束の前の日の夜に彼女は確かにそう確認していた。今日のツアーは某所で知り合った風ラーさん3名プラス私。皆に会うのは初めて。ドキドキ高鳴る鼓動を抑えながら約束の11時...

続きを読む

最終回についての悩み。そしてお返事。

もうすぐ20周年記念の本誌、発売ですね!!今からドキドキ。内容も気になるし表紙に巻頭カラーですよっ!!あーもうどうしよ(>_...

続きを読む

◆星の、ひとかけらさえも

私たちはよく木に登った。人が聞けば笑うかもしれない。年頃の男女が深夜に何をしているかって木に登って下らない話をしながらお握りを頬張っているのだから。でもそれは私たちにしてみれば、とても大切な時間で今になって考えてみれば一番幸せな、時間だった。木の上で、揺れる葉っぱの隙間から見える星空の中に、流れ星を見つけて願ったのは「天下泰平」。必死に願う私の姿を見て、大事ですねって先生は嬉しそうに笑った。もしも...

続きを読む

拍手コメントありがとうございました!

今日は3月とは思えぬ寒さです。ホワイトデーですね。あげたものの数倍のものが帰って来てほしいものです。でも変なものもらっても嬉しくないので(失礼なやつ)自分で選びたいですね。二つ続けて雑記にもたくさんの拍手、コメントもありがとうございました(>_...

続きを読む

風光るとも新撰組とも全く関係のない日記(一人言)

どうしても3.11に書きたかったので。。前雑記にもたくさん拍手やコメントありがとうございました。お返事次回に書かせてくださいね(*´∇`*)本当にどうでもよい一人言なので↓↓↓ すみません。※※※※※※※※※※※※※※※※※※娘が産まれて一月もたたないうちに東日本大震災が起きて経験したことのない揺れに慌てて潜り込んだ机の下でも逞しくおっぱいを飲み続ける娘を見て何があってもこの子を守ろう、と決めたあの日からもう6年。初めて保育園...

続きを読む