拍手コメントお礼♪

お、男なんてぇ~(T^T)そしてお返事。

 ←ネタ帳と歳様、そしてお返事。 →◆甘宴夜
男なんて、男なんて...そんなもんなの!?

こんにちは。
すっかり男性不信の管理人です。
え?何があったかって?
私には何もありませんよ。
私にそんなネタもうきっと一生降りかかってきませんよ...

何って、『風光る』本誌の話ですよぅ(T^T)
本誌読んでいない方も多いと思いますので多くは語りません。
けどね、男なんて、そんなものなんでしょうか。
安心してください、我らが沖田先生だけは私たちの味方です!
敵は法眼...

いやね、でもきっと今よりももっとあの頃は『恋愛と結婚は別』というか..心と身体は切り離されて考えられていたのかもしれないですね。完全に男尊女卑の思考もあっただろうし。
気持ちがなくとも子作りできる時代....

できる?できるか!?ある意味現代でもできる人もいるか!

ああ...私は思ってた以上に純情なのね(←めんどくさい人なだけ)

本誌派でない方は訳が分からなくてごめんなさいね(>_<)
今月は単行本も発売ですね!内容は辛いものになっていると思うけれどやはり楽しみです。表紙はどんな絵だろうか!

さて雑記ばかりでは何ですので一つお話あげていきますね。以前から書き途中でずっと放置していた作品。
当時考えていた内容とは全く別物になってしまいました。
前雑記や過去作品にも拍手ポチポチコメントもありがとうございました(*^^*)
以下にお返事書かせていただきますね♪



月葉様

こんにちは!ネタ帳読み取って頂けて良かったです!写真良かったですよ~これで沖田先生の写真があればもうほんとに涙ものなんですけどね。 法眼の写真もありました。どの写真も古すぎるから大体白っぽくなっていて法眼の写真も白塗りしてるのか色褪せてるのかわからないくらい(^^; 榎本武揚さんの写真もあったんですけど榎本さんって風光るのキャラクターと顔がけっこう似ている印象なんですが法眼は全く違いますね。今月号読む前に見に行ったので(これが法眼ね、いつもお世話になってます)って笑顔で見れましたがもしも本誌読んだ後に見に行ってたら展示のガラス殴ってたかもしれませんね(そこまで笑)ホトガラ見ながら考えていたんですが沖田先生とセイちゃんの二人の写真はもう用済みなんでしょうか。女子姿の特命に繋げたかっただけでその後の展開にはもう出てこないんですかね。けっこうホトガラのくだり、突然でしたよね。
本誌も漸く(あ、風光るって少女漫画だった)って思い出せるような展開になってきて来月号が楽しみになってきましたね(*^^*)今月は単行本も発売だし!あまーい部分は二次で補給するとして...現実に堪えていきましょうね(>_<)それではこの度も拍手コメントありがとうございました!またお待ちしています♪

鶴亀様

こんにちは!今回も嬉しい嬉しいコメントをありがとうございました(T^T)「神谷清三郎」気に入って頂けてとても嬉しいです。鶴亀様が想像してくださった沖田先生の表情(最後の言葉での笑顔)私も想像したら泣けてきました(>_<)自分が書いたお話がこうして鶴亀様の心に響くことが出来るなんて本当に感無量です。私は自分に甘いので自分の作品はどれも好きなんですけれど(笑)決して自信があるわけではないので(単なる自己満足です)具体的に褒めていただけるととても嬉しいんです。文章に個性もないですしどれも似たり寄ったりのお話になりがちなので「ここがよかったよ」と言ってもらえると(そこを伸ばしてみよう)と次回作の励みになるのです。本当にありがとうございます(*^^*)
それはそうと鶴亀様の「pi○ivの風光る作品を1増やしたい運動」素敵ですね!やはり風光るはマイナー分野なのでしょうか?他の分野の二次はあまり分からないので何とも言えませんが新撰組関連だと薄○鬼とか刀剣○舞とかのほうがやはり勢いありますもんね。多分三年くらい前?沖田先生たちがちゅーした辺りが一番盛り上がっていたのかしら。今は関連サイト様が減る一方で寂しい限りですが私も鶴亀様の運動にのって(pi○ivには出現しませんが笑)二次で騒いで原作を応援する活動続けていきたいと思いますので今後とも宜しくお願い致します(о´∀`о)それではまたお待ちしていますね♪

紫音様

こんにちは!写真良かったです(T^T)券を頂いていなかったら存在さえも知りませんでした、きっと。ネタ帳、青い山脈見えちゃいました?笑 紫音さんのおばあさま凄いですね!!玄孫見れるなんて滅多にないですもんね。そう考えると150年前ってほんとについこの間のような気がしてきます。近藤先生のお墓は沢山あってどこをお参りしていいか分からないですね。前に板橋のお墓は行ってきたけれどあそこは胴体のみ奉られていると聞きましたがそれも本当かどうか。本当にしたって罪人として首を斬られている訳だし沢山胴体を捨てられた中から本人を探し出すなんてこと本当に出来たのだろうか、と謎も残ります。土方さんのお墓も石田寺には本人いませんしね。土方さんの身体はどこに眠っているのでしょうか。そう考えると沖田先生はきちんと埋葬してもらえて(多分)良かったですよね。
社員旅行安くないですか!?ディズニーなんてチケット代より安いじゃないですか!もしも六本木ツアーになるならお墓行けますね(ニヤリ)でも会社の方と行動するのなら中々行けないか...。でも六本木から徒歩5分くらいなので「ちょっとトイレ」って行って走って行ける距離なので大丈夫です!!自由時間とれそうだったら是非とも教えてくださいね、ふふ...
それではこの度も拍手コメントありがとうございました(*^^*)またお待ちしています♪
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ☆桜の時
もくじ  3kaku_s_L.png  ★白南風
もくじ  3kaku_s_L.png ◆『恋情』
もくじ  3kaku_s_L.png ◆青い春
もくじ  3kaku_s_L.png ◆黒煙
もくじ  3kaku_s_L.png ◆鬼の棲処
もくじ  3kaku_s_L.png ◆零れる花
もくじ  3kaku_s_L.png ☆つぐない
もくじ  3kaku_s_L.png ★雫
もくじ  3kaku_s_L.png ☆風の彩
もくじ  3kaku_s_L.png ◆黄昏月
もくじ  3kaku_s_L.png ◆鬼神
もくじ  3kaku_s_L.png 閨(R18)
もくじ  3kaku_s_L.png ◎短編
もくじ  3kaku_s_L.png ❤宝物❤
もくじ  3kaku_s_L.png 風光るについて
もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組について
もくじ  3kaku_s_L.png リンクについて
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ネタ帳と歳様、そしてお返事。】へ
  • 【◆甘宴夜】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【ネタ帳と歳様、そしてお返事。】へ
  • 【◆甘宴夜】へ