拍手コメントお礼♪

文体診断そしてお返事

 ←感動!函館旅行〈二日目〉 →★☆落花流水 〈下〉
「和風丁」の優月遊さんに教えていただいて「文体診断」なるものをネットでお遊び程度にやってみたのですが。。
なかなか面白い!
よく仕組みを理解しないまま遊んでしまったのでなんとも言えませんが文章を入力して「診断する」をポチとすると数々の作家さんの中から似た文体の方がでてきたり逆に全く違う文体の方が出てきたり文章の固さ、個性、表現力、読みやすさ、等を診断してくれます。

私は何度か以前の作品をコピペして診断してもらったところ「井上ひさし」先生の文体に似ている、とのこと。
でもすみません。私、井上ひさし先生の作品パッと思い浮かびません笑
多分読んだことあると思うんですけどね。有名な作家さんですし。

この結果を見て「好きな作品」と「書きたい作品」は違うのだなぁと思いました。
私がよく読む作家さんは司馬遼太郎先生、東野圭吾先生なんですが、ああいう固いしっかりとした文章。
私には絶対に書けません。
まずボキャブラリーが少ないですし頭も悪いですし笑
まぁプロの作家さんと比べること自体おこがましいことなんですが(^^;
でも「書けない」だけでなくて「書きたい」とも思わないんですよね。不思議。
あと魅力的だな、と思うのは島崎藤村、竹久夢二。
このお二人の作品はきちんと読んだことはないのですけど(文は読んだことあるけど解釈とかしっかりしたことはない)言葉の並びとか発音したときの柔らかさとか、美しくて憧れですね。
ああいう文章、勿論文体は現在のものしか書けませんがああいう雰囲気の文章、書いてみたいと思っています。


文章だけでなく、音楽や絵も好き嫌いあると思うので算数や数学と違って「これが正しい」というものはないと思っています。
でもやはりそのなかでも文章にしたら「読みやすさ」とか「感情移入しやすさ」とかが私の中では重要でそこに個性がつけばなおよし!
なかなか思うような文章を書けることはまだ少ないけれど私の書いたお話しを読んでホロリとしてくださったり笑ってくださったり、気分が動くことがあればそれはとても書いた甲斐があるなぁと嬉しくなります。
そんな感想を頂けた時は天にも昇る気持ちなのですよ(*´∇`*)
本当にいつもありがとうございます!

旅行記や過去作品にも拍手ポチポチ本当にありがとうございました。
以下にお返事書かせて頂きますね。





月葉様
こんにちは!月葉さんの新選組入り口は土方さんだったんですね!!今じゃ全くそんな素振りを見せないのに笑 私は新選組入り口は「燃えよ剣」だったのですがその時から土方さんには目もくれず、沖田総司に夢中になりました。なので今回初めて、土方さんファンになったのです!五稜郭万歳!それだけ函館の方々やそこを訪れるファンの愛情が伝わってきてきたのかな、と思います。150年も前に亡くなった人のこと普通ならそんなに愛せないし会ったこともない人のお墓(お墓でもないですよね、ただの碑)に毎日お水変えたりお花供えたり。そんなことができるって本当にすごい。土方さんも勿論すごいのだけれどずっと続けて来られた地元の方の熱意が素晴らしいな、と思いました。函館戦争が終わってすぐは賊軍として供養碑やお墓でさえも堂々と建てることは勿論お参りすることもままならなかったの思うのでこうして時がたった今、たくさんの人に愛されて想われて、土方さんを始め官軍幕軍関係なく日本の為に必死に戦い働いてくださった方々の命や志は今後も大事に語り継いでいきたいですね。碧血碑かなりおすすめです。でも息子くん連れていくのはきついかなぁ。夏ならハイキング感覚で楽しいかも?(そんなに歩かないし大した山道でもないんですが)
それではこの度もコメントありがとうございました!またお待ちしています♪


紫音様
こんにちは!紫音さんの職場の社員旅行って本当に豪華ですよね!それも自由に行動できるのが素晴らしい。今年はどちらに行かれるんでしょうか。私もこの150年の記念の年に会津行きたいんですよね。三年くらい前に行ったときはそれこそバスツアー組まれちゃって斎藤さんのお墓は回れたんだけどお城も行けなかったし。ゆっくりと個人旅行したいです。京都も一泊二日かなりバタバタ日程ですからね(^^; 一ヶ月くらい町屋にのんびり滞在してみたいなぁ。あと10年は無理かなぁ。もうおばあちゃんになっちゃう笑 本誌は久しぶりに沖セイ二人が揃いそうな予感ですね(*´∇`*)もう期待するレベルがどんどん低くなってるから二人が同じコマにはまるだけで涙が出るほど嬉しいです。贅沢は言いませんとも。五稜郭行って改めて考えたのですがまる先生はどこまで描かれるんでしょうね。以前ツイで「資料の為に海陽丸見に行ってきた」とか仰っていたし本編でそこまで描くとしたらセイちゃんは北上するってことですよね..え、あれ沖セイ漫画だから主役二人不在で(更に一人はこの世にいない)続かないですよね!?番外編??と、また考えてもせんないことばかりずっと悩んでいます。やはり私は病気なのですね(遠い目)。。
ではこの度も拍手コメントありがとうございました!またお待ちしています♪
関連記事
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png ☆桜の時
もくじ  3kaku_s_L.png  ★白南風
もくじ  3kaku_s_L.png ◆『恋情』
もくじ  3kaku_s_L.png ◆青い春
もくじ  3kaku_s_L.png ◆黒煙
もくじ  3kaku_s_L.png ◆鬼の棲処
もくじ  3kaku_s_L.png ◆零れる花
もくじ  3kaku_s_L.png ☆つぐない
もくじ  3kaku_s_L.png ★雫
もくじ  3kaku_s_L.png ☆風の彩
もくじ  3kaku_s_L.png ◆黄昏月
もくじ  3kaku_s_L.png ◆鬼神
もくじ  3kaku_s_L.png ★☆落花流水
もくじ  3kaku_s_L.png ◆溜め息
もくじ  3kaku_s_L.png 閨(R18)
もくじ  3kaku_s_L.png ◎短編
もくじ  3kaku_s_L.png ❤宝物❤
もくじ  3kaku_s_L.png 風光るについて
もくじ  3kaku_s_L.png 新撰組について
もくじ  3kaku_s_L.png リンクについて
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【感動!函館旅行〈二日目〉】へ
  • 【★☆落花流水 〈下〉】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【感動!函館旅行〈二日目〉】へ
  • 【★☆落花流水 〈下〉】へ