- ゆまっこの風

記事一覧

★雫 《暖》

セイが女子として総司の側にいるようになって半月ほど経った頃、セイにお馬が来た。何となく重い腰とお腹を擦りながらセイはあの日の事を考える。最初は自分を側に置いたのは他の女子避けの方便だと思っていた。『ずっと想っていた女子がいる』その後総司の口から自分の名前が出るなんて思ってもみなかったしその時は舞い上がってしまったけれど、その後法眼の妻であるトキに事情を話して着替えを手伝ってもらっているときにふ、と...

続きを読む

発売日が続きますね。そしてお返事。

今日は40巻。そして明日はおはなたち。本当は明日運動会の後に二冊まとめて買いに行こうと思っていたのですがいざ発売日になってみると、表紙絵とか見ちゃうと...欲しい!!今すぐ欲しい!!扉絵も気になりすぎて~(T^T)おはなたちなんて「セイちゃんにとっていい方向に向かう!」と確信したものの(また落とされるかも...)とお腹が痛くなるほどです。私の人生と体調は「風光る」に左右されすぎです。。「風光る」に限らず大好きな...

続きを読む

★雫 《朱》

注:本誌5月号を読んだあとに妄想したお話です。よって本誌のネタバレ含むところがあるかと思いますのでご理解のほど宜しくお願い致します(>_...

続きを読む

暖かいお言葉ありがとうございました。

今皮膚科で水イボ取ってきたらいたーい。水イボって子どもに出来るものじゃないのかしらって先生に聞いたら「疲れていたり体調が悪いと移りますよ」って。そうか。やはり私は疲れているのだ(認めてもらえて嬉しい)もうすぐ「風光る」40巻発売ですね!フラワーズ最新号と一緒に買いに行ける!と思ってたら発売日、運動会やないかーい(>__...

続きを読む

本当に感謝です。そしてお返事。

こんばんは。連休も終わり皆様五月病なんてものにはかかっていませんか?私は連休なんてものなかったのでかかりようがありません...。やりたいことも好きなこともやって、こうしてオタク活動も充実しているし何一つ不満なんてない。ない。はずだけど。毎日モヤモヤしています。ま、こういう時ってあるよねって深く考えずに過ごそうと見て見ぬ振りをしながらやりすごそうとしています。でもすみません。謝ることでもないかもしれま...

続きを読む

★曼珠沙華

「貴女を抱かせてください。」自分の口から信じられない言葉が飛び出した。何を言っているのか自分でも理解できなくて、それでも言葉が止められない。「何でも出来るんでしょう?それなら女としての貴女をくださいよ。」きっと神谷さんから見た私はものすごく冷たい瞳をしているのだろう。なんの感情も浮かばない、まるで死んだような瞳。さすがの神谷さんも押し黙ったまま動かない。きっとこれで大丈夫だ。ただでさえ我が儘三昧の...

続きを読む

オタクバレはどこまでOK?そしてお返事。

とある駅前の某コーヒー屋さんで書いてるのですが何だか若い女の子が多い...めっちゃキラキラしてるしいい匂いがする...何故だろう?と思ったらこれから近くで某アイドルグループのライブがあるのですね!私には全然分からない世界。ライブは一度だけミスチルのに行ったことがありますが一回行くとはまるよね。もっと、ファンになっちゃうよね。このキラキラした女子たちはこれから「キャー!」と女性ホルモン放出して?ますます綺...

続きを読む

◆甘宴夜

処は島原、角屋。今宵は隊士たちの日頃のはたらきを労って宴会が開かれていた。一番広い部屋を局長の近藤自ら貸し切ったその会は店の者や呼ばれた芸者たちだけでは収拾がつかなくなるほどの騒ぎで、そんな中一番年若であるセイは料理の注文に走ったり上役に酒を継ぎに行ったりと休む間もなく動き回っていた。そんなセイを総司は目で追いかけながらクスリと苦笑する。普段の生活や隊務でも一番忙しそうに働き回っているのはいつもセ...

続きを読む

お、男なんてぇ~(T^T)そしてお返事。

男なんて、男なんて...そんなもんなの!?こんにちは。すっかり男性不信の管理人です。え?何があったかって?私には何もありませんよ。私にそんなネタもうきっと一生降りかかってきませんよ...何って、『風光る』本誌の話ですよぅ(T^T)本誌読んでいない方も多いと思いますので多くは語りません。けどね、男なんて、そんなものなんでしょうか。安心してください、我らが沖田先生だけは私たちの味方です!敵は法眼...いやね、でもき...

続きを読む

ネタ帳と歳様、そしてお返事。

写真のリサイズ感覚が掴めずでかい写真でごめんなさい。月葉様から「つぐない」の登場人物の関係性について質問?があったので。分からないですよね!確かに。私も8話を書くにあたって(あれ?幕末のセイちゃんと昭和のセイちゃんはどのくらい年の差があるんだ?)と分からなくなり書いたのがコレです。得意の仕事中に書いたので思い切り裏紙です。机に向かって真面目に何か書いていれば仕事してると思ってくれるありがたい職場。何...

続きを読む